ミュージックドーナツのおはなし:アクリル板を設置しました

こんにちは、福田です。
今月より1-3歳クラスが再開いたしました。

6月より、感染防止対策を工夫しながら園児、小学生クラスのレッスンを行っておりましたが、感染がなかなか収まらない中、1-3歳クラスの再開の決断には、さらなる緊張がありました。

また、講師の口元や表情が見えない状態のレッスンではどうしても伝わりづらい点が出てきたり、マスクをしているため、子どもたちがいつもと違う雰囲気で少し不安になってしまうこともあるのではないか?と、レッスンの行い方も検討しておりました。

かねてより、アクリル板の設置は検討していたのですが、
倒れたり、破れたり、ぶつかってケガをしないように…と思うと
簡易的なものではなくきちんと安全なものではなくてはいけないな、と教室を手掛けてくださった設計士さんにお願いすることに。

代替テキスト

なかなか素敵な仕上がりになりました。
しっかりと固定してあるので倒れないし、こどもの手も届きません。

お歌や、手遊びをするときは口元が見やすいよう、アクリル板の向こう側に講師が入り、その時だけマスクを外して歌います。

少しではありますが、いつものレッスンの雰囲気を楽しんでいただけることとなりますように。